脂肪肝 ガンマGTP

肝臓が健康であるかどうかという肝機能は、血液検査で分かります。肝機能を調べる血液検査項目はいろいろありますが、健康診断でよくおこなわれている基本の検査はALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTPです。
AST、ALTは肝臓の細胞に多く含まれ、細胞が壊れたときに血液中に出てくる酵素であり、この値が高いことは肝臓の細胞が壊れていることを示します。
2つの酵素のそれぞれの値とともに、どちらがより高いか(AST/ALT比)も大切です。
AST値よりALT値が高い場合は慢性肝炎、ALT値よりもAST値が高い場合は、肝硬変、肝がんが疑われます。
ASTだけが高い場合は心筋梗塞など肝臓以外の病気である可能性があります。
γ-GTPはアルコール性肝障害の指標としてよく知られています。アルコールを毎日たくさん飲む人は、γ-GTP値が基準値を超えて高くなります。
また、γ-GTP値は胆汁の流れが悪いときにも上昇します。
他に、肝機能を指摘する検査項目に脂肪肝というのがあります。
脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気です。
食事で摂った脂質は、小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解され、糖質はブドウ糖に分解されて、小腸から吸収された後、肝臓で中性脂肪に変化します。
摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが取れていればよいのですが、脂質や糖質を摂り過ぎていてさらに運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。
肝臓に脂肪が異常に蓄積されている状態です。
肝細胞の30%以上に脂肪がたまってます
もともと肝臓ではエネルギー源として脂肪を作り、肝細胞の中にためています。しかし使うエネルギーよりも作られた脂肪のほうが多いと、肝細胞に脂肪がどんどんたまっていきます。
このように脂肪が蓄積し、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を『脂肪肝』といいます。
しじみは肝臓によいさまざまな栄養成分が豊富に、そしてバランスよく含まれています
肝臓を助けるといわれる栄養素、硫黄を含むアミノ酸の一種「タウリン」が、しじみには多く含まれ、ほかにも
メチオニン…肝臓の機能を正常に保つ。
良質のタンパク質…肝臓の細胞の再生・修復を促進し、肝臓の機能を早く回復させる。
ビタミンB2、B12…脂肪の代謝を助け、脂肪肝の進行を予防する。肝臓の機能を高める。
鉄…免疫力を高め、粘膜を丈夫にする。造血作用がある。
アミノ酸のうちタウリンが、肝細胞の再生をうながしたり、肝臓の解毒作用を活発化させます。
さらに、しじみの糖質は即効性の高いエネルギー源であるグリコーゲンが主体なので、肝臓の疲労回復を早めます
肝臓の元気は、全身の快調を支える土台です。
肝臓の負担を減らして、有毒物質や中性脂肪を排出し、健康な毎日をすごしたいものです。
沈黙の臓器と言われる「肝臓」・・・症状が出てからでは遅すぎます。
肝臓は体内の有害物質を解毒し、糖や脂質をエネルギーに変える働きをします。
肝臓は驚異の多機能臓器です。
成人の肝臓は約1.5kgもあり、身体の中でいちばん大きな臓器です。
肝臓はエネルギーの代謝、アルコールや有害物質の解毒、ビタミンの合成、胆汁の分泌など、500もの化学処理を行って、私たちの健康を支えています。
昼間私たちが活動しているときは主に糖質、眠っている間は主に脂質をエネルギーに変えます。
日本人の1000万人が脂肪肝と言われています。
不規則な食事、遅い夜食、お酒の飲みすぎ、睡眠不足、ストレス……現代の生活は肝臓に負担をかけることばかりです。
日本人の脂肪肝はここ10年で急増し、1000万人とも言われます。特に30〜40代の男性が増えています。
肝臓に関連するサプリメントや健康食品の注文・購入方法や送料無料、メリット・デメリットまたは長所・短所・副作用などの情報について、テレビCM、ブログ、Twitter、アットコスメや楽天・amazon、ドラッグストア店舗、公式通販サイトなどを調べてまとめていきます。
お試しサンプルやトライアルの評価、販売価格の比較、人気ランキング、定期購入などの情報も掲載予定です。

 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者